• 和光貿易HOME
  • 和光貿易企業情報
  • 和光貿易事業内容
    • 特機事業部門
      • シミュレーションソフトウェア
      • 宇宙事業
      • 超小型無人偵察機_MAVERIC
      • 超小型レーザー測距計
      • 携帯型放射線検知器
    • 機械貿易部門
    • 企画開発部門
    • 産業機械部門
    • 動物関連部門
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

携帯型放射線検知器 [ミニラッドディー] mini Rad -D
Handy Radiation Detecting Equipment

目に見えない危険から個人を守る「mini Rad -D」。最軽量・最小タイプで隠された放射線を検知・発見してくれます。

mini Rad-Dは携帯型の高感度放射線検知器です。頑丈・全天候型でユーザーの腰ベルトに装着し、放射線を出す不審な対象物の所在を検知します。
倉庫内や、人が群集する中でも正確かつ高性能な検知機能を持っています。検知警報は振動・音信号文字明示で行われ、対象物に近づくにつれ警報が強くなります。また大きな特長として検知対象物の背景が持つ通常の放射線レベルを自動検知・確認、それ以上の放射線量を持つ対象物を検知した際に稼動する"自動校正機能"を備えています。使いやすさと機能性、実用性に優れたmini Rad Dを是非ご活用ください。
価格:¥198,000.(税別)

mini Rad-Dの特徴
・全天候及び全気温下で稼動
・極めて低い誤探率
・電池寿命はおよそ2年間
・頑丈なパッケージ(約1m高からの落下テストクリア)
・ビープ音警報とバイブ警報機能付き
 (LED数値レベル同時表示)
・X線装置付近での使用も可能
・操作簡単、即使用可能
米国国家安全保障省による放射線検知器比較実験
米国では、国土安全管理局(HomeLandSecurity)が調べた調査で他メーカーのものと比較したデータによると感知精度が非常にいいと結果がでております。
Mini RAD-Dは2011年4月現在、下記の米国政府機関にて採用されております。
米国国務省と傘下機関(各国の米国大使館)
国防総省の軍保護局 (Force Protection Agency)
国防総省の防衛兵站局
FBI
米国食品医療機関(FDA)
国土安全管理局(HomeLandSecurity)
米国陸軍
米国州警察
HAZMAT(危険物処理チーム)
フィラデルフィア州廃棄物処理局

mini Rad-D仕様

検知部
1.3cm径x3.8cm長のシンチレーション検出器を採用したセシウム・ヨウ素検知器
エネルギー範囲
30KeV-3MeV
表示
発光LED
電源
単3乾電池x2個
バッテリー寿命
アルカリ電池使用時 5000時間(約2年)
感応時間
1秒以下
音警報:放射線の強度によりビープ音増大
警報タイプ
振動:放射線の強度により振動増大
LED発光:放射線の強度により発光度増大
LED表示:1~9数値表示(9が最大値)
較正
スイッチ入力時に自動較正
サイズ
9.4 x 6.4 x 3.0cm
質量
200g
装着
腰ベルトへのクリップ留めもしくは携行装着
環境条件
雨中使用可能、昼夜使用可能、-23℃から+50℃、要静寂現場や騒音発生環境、1m高落下試験合格、高電波環境での使用可能
基準
米国税関放射線検知機器仕様基準合致
本製品は1~9のレベルとして基準段階に較正されますが、ユーザーのご要望に応じたレベルに合致させた基準値設定もカスタム対応します。

他メーカーの放射線検知器との違い

・ガイガーカウンター(ガイガーミューラー)とは、検知センサーが全く違います。一般的なガイガーカウンターは、計測に約3分ほど時間を要するとともに、一方向の放射線しか感知することができません。

・一般的なシンチレーション方式の検知器とは、検知のスピードが違います。通常のシンチレーション方式の検知の測定速度は、約60秒、miniRAD-Dの検知速度は、1秒程度です。理由としては、PMTという光電子増倍管を使用しているため従来よりもはるかに早い検知スピードを可能にしました。

表示レベルの目安について

miniRAD-Dは、数値ではなく、レベル表示のためどのレベルが注意または危険レベルかを明確にします。
国が定めた放射線年間許容量:20mSV(20000μSV)
よって、レベル6が常に表示される地域は許容範囲限度の基準とする。

レベル1、2
通常の自然界の放射線より少し値は高いが人体には影響はない。

レベル3、4
自然界の放射線より2倍~3倍の値ではあるが、人体には影響はない。

レベル5、6
国が定める年間許容範囲内ではあり人体には影響はないが、常にレベル5、6が計測される地域には注意する。

レベル7、8、9
この値が常に計測される地域は、年間許容量を超えていますので、線量計で計測するか、その地域に近づかないなど、何らかの処置を行う必要があります。

※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader が必要です。
アドビ社サイトより無料でダウンロード可能です。